ていねいに歩こう・・・♪


by pucapucadayori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

追悼中・・・

今朝の
大きい揺れ

また そのまま
明るくなるまで
眠れなかった。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夢をみた
吉祥寺時代の、、、

当時バイトしてた
ハムエッグクラブの階段を下りて
ドアを開けると
エイミーの「リバブ」が流れてきた

でも、、、なぜか
店内はサムタイムで

入ると左側の
ピアノが見下ろせる煉瓦の席に座る

スリムのメンソールも
ペパーミントグリーンの
ペーパーケース
    またこのケースで出してほしいな、、、と夢の中で思う

白い灰皿に灰を落とすと
煉瓦のテーブルはボコボコしていて
灰皿が落ち着かない、、、、そうそう

煙草のけむりが漂う中  Jazz喫茶は本来これでなくちゃね~
音楽に遠慮して小声で話す人達を
肘をついて見てる
     

 なつかしい夢だった。


人でいっぱいのアーケードを避けて
細い路地を抜けるのが上手かったな

今はきっとあるはずのない
行きつけのお店が
そのまま記憶の中にはある。

気取ってなくて
やさしい.....
吉祥寺人は今も生きているかな?

今は様変わりした吉祥寺を見たことはない
「見ないほうがいいよー」と友人は言う



エイミーが聴きたくなるのは
30年前のなつかしい吉祥寺の匂い
そのままだからかな・・・

懐かしい場所の夢を ありがとう

これからも ずっと
あなたの歌 聴き続けるよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    「おやすみ 僕の天使。
     ぐっすり眠りなさい。
     ママとパパはお前のことをずっと愛しているよ」
                    ミッチ・ワインハウス

葬儀の最後に皆でキャロル・キングの「So Far Away」を歌ったそうだ

エイミーの「So Far Away」が聴きたくなった。
[PR]
by pucapucadayori | 2011-07-31 11:29